旅とホテルと、時々カジノ

旅、カジノ、日常の気になることをまとめた雑記です。浅く広く情報をお届けします!

これで当選!東京マラソンを走る方法を考えてみた。

Sponsored link

こんにちは!

旅とホテル、そしてカジノをこよなく愛すトミーです!!

 

東京マラソン2017も終わり、まだまだ足を引きずっているトミーです。

 

今回幸運にも一般エントリー枠で当選したけど、東京マラソンを走るためには10倍以上という難関をクリアしなければいけない。

絶対東京マラソンを走りたいという人のために、どうやったら東京マラソンを走ることができるのか、調べてみました。

 

f:id:tommy-tomio888:20170301204949j:plain

 

 

 

 

チャリティランナーで走る①

 

東京マラソンには、10万円を寄付することで東京マラソンの出走権を与える、チャリティランナーという制度がある。

定員:3,000(先着) ※定員に達成しだい終了。

寄付金額:10万円以上

参加料:10,800円

 

つまり、最低110,800円はかかるということ。

うーん、、高い。

 

どうしても走りたい方は、一般エントリーで落選したとしても、すぐにチャリティランナーで寄付し出走権を獲得することもできる。

※3,000枠に達成してなければ。

 

チャリティランナーで走る②(クラウドファンディング登録)

 

チャリティランナーには、自分で10万円寄付して走る枠とクラウドファンディングを利用して、サポーターの方々から寄付を募り10万円を集めて走る方法もあるようです。

 

クラウドファンディングとは

チャリティランナーが、家族、友人や知人に対し、サポーターとしての協力を呼びかけ、寄付先団体を支援するための仕組み(オンラインシステム)です。あなたが応援するチャリティランナーはどのような思いで東京マラソンを走ろうとしているのか、あなたを応援するサポーターはどんな期待を持って寄付をしたのか、東京マラソンチャリティに関わるひとりひとりのハートを感じることができるでしょう。

※チャリティランナーとしての参加(出走)登録は任意となります。

http://www.runwithheart.jp/about_system/

 

f:id:tommy-tomio888:20170301204300p:plain

基本的に自分で支払うチャリティランナーと同じようだけど、注意も必要。チャリティーランナーの枠は自分で10万円を寄付する方の分も合わせて、合計で3,000枠になります。一般エントリーで落選して、自分で10万円支払うランナーが殺到した場合は注意です。

また、留意事項に気になる項目があったので、引用。

f:id:tommy-tomio888:20170301204234p:plainhttps://www.runwithheart.jp/entry/

 100人の友達に1000円ずつ寄付してもらえれば、走れますね。

友達にスポンサーになってもらうようにお願いしにくいのであれば、熱意を伝えて一般のサポーターに寄付のお願いをしてみてください!!

 

 

One Tokyoプレミアムメンバーになる 

 

One Tokyoの有料(年会費:4,320円)のプレミアムメンバーになると、なんと3回も抽選の対象になる。

1回目:先行抽選

2回目:一般抽選

3回目:2次抽選

 

先行抽選は3,000人だそうです。そのほか、色々な特典もあるので、少しでも当選確率を上げたい人はOne Tokyoプレミアムメンバーに登録を!

https://onetokyo.org/static/index/pageid/member

 

地方から応募する

 

ここから都市伝説的な話。

東京の住所よりも、地方の住所で応募する方が競争率が低いため当選しやすいとか。

うーーん、確かに東京はランナー人口も多いだろうし、競争率は高いような気もする。東京としては、地方からランナーがきた方が経済効果も大きいだろうし、、、

まぁ、本当かどうかわかりませんが、一度試してみてもいいのでは?

 

最終的には運次第なのですが、当たるまで頑張って応募するしかないですね。

 

東京マラソンの話ばかりになったので、次回は別の話題にしますね〜

 

 

トミー