旅とホテルと、時々カジノ

ユニクロ、無印、UberEATSほか、オススメのアイテムなど好き勝手紹介しています。

【どれが買い?】仕事もプライベートも使えるビジネスリュック

Sponsored link

こんにちは!

旅とホテル、そしてカジノをこよなく愛すトミーです!!

 

最近、リュック男子&サラリーマンが増えてますね。

友人のイシ君も、リュックで通勤しているのを見て、ますます欲しくなってきたので、ちょっと調べてみました。

 

 

ザ・ノース・フェイス「シャトル」シリーズ

 

イシ君がもっているのは、ザ・ノース・フェイスの「シャトルデイパックスリム」。

「ノースフェイスくらいしか知らないんで買った~」と、特に予備知識ありません的な感じで、シャトルを買っているのはセンスがあるのか?それとも、ちゃんとリサーチして買ったのかは不明だけど、「シャトル」はかっこいい。悔しいけれど、イシ君の真似をしたくなる、、、

 

 

f:id:tommy-tomio888:20170416183131p:plain

THE NORTH FACE SHUTTLE DAYPACK Slim 18L ブラック

 

ビジネスリュックの先駆け「バイト」シリーズ

そもそも、ビジネスリュックの火付け役となったのは「ザ・ノース・フェイス」の「バイト」シリーズだったらしい。「バイト」シリーズは、アップル製品を収納しやすく開発されたリュックとして発売され、アップルストアでも販売されるとビジネスリュック・ブームの先駆けとなった。この「バイト」の後継モデルとして発売されたのが、「シャトル」なのです。「シャトル」は、「バイト」成功を活かし、アップル以外の製品にも対応し、またアウトドアブランドらしいトレッキング用のバックパックの使いやすさも兼ね備えている。

「バイト」では、通常の「 ザ・ノース・フェイス」を使用していましたが、「シャトル」ではビジネスリュックを意識していてか、目立ちにくくデザイン性に考慮されています。

 

シャトルデイパックスリム 仕様

前作から生地や仕様をアップデートしたShuttleシリーズの薄型デイパック。高強度で高級感のある1050デニールのコーデュラ®ナイロンを採用し、ビジネスシーンでも違和感なく使用できるすっきりとしたデザインに仕上げています。服に合わせやすい薄手かつ背負い心地のよい立体的な成型ショルダーハーネスを装備。大きく開くメインコンパートメントには、収納するアイテムのアイコンをプリントした蛇腹式オーガナイザーを設け、PCや書類、タブレットなどを迷うことなく整理することが可能です。

引用:ゴールドウィンウェブサイトより

 

価格

16,200円 ※税込

重さ

850g

 ブラック、ティンバーウルフ、アーバンネイビー、フィヨルドブルー

サイズ

45×27×12cm 

容量

18L

 

シャトルシリーズには「シャトルデイパック」と「シャトルデイパックスリム」がありますが、仕事の通勤をメインに考えると、「シャトルデイパックスリム」が良さそうですね。

 

www.tabi-kaji.com

www.tabi-kaji.com

 

レポート

 

トミーは持っていないので、またまた写真と感想をイシ君に頼みました。

f:id:tommy-tomio888:20170417182108j:plain

シンプルなデザインも使い勝手もかかなり良いとのことで、気に入っている様子です。ロゴも黒地に黒のロゴでかっこいい。

f:id:tommy-tomio888:20170417182142j:plain

通勤で使うのであれば、「シャトルデイパックスリム」の方が型崩れもなく、機能的にパソコンやその周辺機器が収納できて便利。 

f:id:tommy-tomio888:20170417182257j:plain

収納はこんな感じです。(これは上手く撮れなかったので、ゴールドウィンのウェブサイトより)

 f:id:tommy-tomio888:20170417225737p:image

f:id:tommy-tomio888:20170417225745p:image

外ポケットは2つあります。

f:id:tommy-tomio888:20170417182227j:plain

この下のポケットは、買って1ヶ月くらい気づかなかったという、イシ君、、、らしい。

THE NORTH FACE SHUTTLE DAYPACK Slim 18L ブラック

 

さて、どうするか??

 

イシ君が「シャトルデイパックスリム」を持っているので、同じものを買いたくても買えない。。。さて、どうするか?

 

方法①

気にせず真似する。

イシ君より先に買っていたような雰囲気を出して、イシ君に使いにくい状況にする。

方法②

紛失させる。

飲み会の時にいっぱいお酒を飲ませ、仮眠したところで紛失させたように工作する。

どちらも、捨てがたい作戦だけど信頼関係に傷つくから難しい。。。 

方法③

他のビジネスリュックを探す。

ノース・フェイスの「シャトルデイパックスリム」のコスパに勝てるビジネスリュックがあるのか。このデザインで機能性もあるシャトルにコスパの観点から言えば、残念ながら勝てそうなものはないように思います。

 

代替案:ブリーフィング「M3 LINER」

そんな中検討中ビジネスリュックは、ブリーフィングですね。

一番欲しいのは、「M3 LINER」です。「 C-3 LINER 」よりもシンプルなデザイン。ノース・フェイスの「シャトル」もそうですが、無駄なベルトがビロビロで出てないところが良い。リュックって、無駄に紐やベルトが出ていてそれがあまり好きでないのでですが、「シャトル」といい、ブリーフィングの「M3 LINER」といい、シンプルなところが好きです。

f:id:tommy-tomio888:20170416183736p:plain

人気3WAYブリーフの新型は、「 C-3 LINER 」から横が少し大きくなり、より多くの荷物を収納できるようになりました。

3WAYとしてブリーフケースとしてはもちろん、ショルダーバックとしても、背面収納可能なリュックストラップを取り出せばバックパックとしても使える多機能バッグ。シンプルでフラットなフォルムから、バックパックとしてお使いいただくときは、スクエアバックパックのようにスッキリとした見た目が美しい仕上がりになってます。

ブリーフケースとしても、機能的なポケットを多数装備し、内側は書類を分けて収納可能な2層式(2ルーム)のメイン収納も備え、書類・手帳・筆記具・モバイル関連などのアイテムをしっかり区分け収納できます。ショルダーバックとしてもラウンドジップで大きく開閉できるので、中身が確認しやすく取り出しやすい構造も魅力です。

引用:ブリーフィングウェブサイト

www.briefing-usa.com

価格は、、、54,000円((((;゚Д゚)))))))

 

では、また〜

 

トミー

 

www.tabi-kaji.com

www.tabi-kaji.com

 

Sponsored link