旅とホテルと時々カジノ

ユニクロ、無印、UberEATSほか、オススメのアイテムなど好き勝手紹介しています。

【初めての仮想通貨】口座開設はどこがいい?

Sponsored link

こんにちは!トミーです!!

 

連日ビットコインや仮想通貨が話題になっており、とりあえず色々調べています。

仮想通貨は実体がないので若干怖いところもありますが、自分の管理できる余剰金の中であれば問題ないのかと思っています。

じゃぁ、ちょっと試しにやってみようと思ったことろ、どこの会社で口座を開設すればいいのか「??」だったので、少しまとめてみますね。

f:id:tommy-tomio888:20171229212210j:plain

 

 

 

「販売所」と「取引所」の違いって??

 

ビットコインを取引するにあたり、「販売所」と書いてあったり「取引所」と書いてあったりして、一体どっちがどうなのか?と分からなくなりますよね。

ということで、まずは「販売所」と「取引所」の違いとメリット・デメリットを紹介します。

 

 

「販売所」とは?

「販売所」とは、文字通りビットコインを販売する所です。つまり、個人で持っているビットコインを「取引所」を運営している会社を通して売り買いができます。そのため、そこで提示されている価格で欲しい量をその場で売買できます。

 

 

<メリット>

いつでもすぐに購入したい量を売買できる。

 

<デメリット>

販売所よりも購入する場合は割高、売却する場合は割安。(運営会社が販売手数料を上乗せしている場合がある為。)

 

つまり、「数量・スピード重視」している人は「販売所」での売買がオススメです。

 

 

 

「取引所」とは?

取引所(交換所)は、株式市場と同じようなものと考えればいいかと思います。つまり、ビットコイン売りたい人と買いたい人が希望の価格で注文をして、マッチングすれば売買成立するというものです。そのため、取引所では売買状況の板を見ながら、顧客間で希望の価格、量を取引するというものです。

 

<メリット>

株と同様、指値注文ができ需給がマッチすれば、希望の価格で売買ができる

 

<デメリット>

需給がマッチしなければ、購入も売却もできない。

 

つまり、「値段を重視(安く買いたい、高く売りたい)」している人は「取引所」での売買がオススメです。

 

 

ということで、次は各会社の特徴を簡単に紹介しますね! 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

使いやすさ、取り扱い通貨が多い!コインチェック

 

アプリの使いやすさはピカイチ!!コインチェックは、日本最大級の仮想通貨取引所です。取り扱い通貨の種類は、他を圧倒しています!!シンプルなデザインで操作やチャートの見やすさは、多くのユーザーに指示されています。

また、二段階認証済みのユーザーが不正アクセスされて損害を被った場合には、1回の請求につき最大100万円まで補償してくれます。

 

 

 コインチェックの取扱い通貨

・取引所

 ビットコイン

 

・販売所

ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、ファクトム、モネロ、オーガー、リップル、Zcash、NEM、ライトコイン、DASH、ビットコインキャッシュ

 

まとめ

・アプリが使いやすく、スマホで取引する人にオススメ

・シンプルなデザインで使い勝手が良く、仮想通貨初心者に優しい

・仮想通貨の種類が豊富なので、ビットコイン以外のアルトコインにも強い

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

 

 

 ビットコイン取引量ナンバー1!ビットフライヤー

 

f:id:tommy-tomio888:20171229212610p:plain

ビットフライヤーは日本初の仮想通貨取引所であり、国内最大手。

株主には、大手の金融系や保険会社など有名企業が名を連ねており、セキュリティ面も安心です。また、アプリのアクセスには指紋認証を採用されていますが、万一の不正アクセスで被害にあっても最大500万円まで補償されます。

 

 

ビットフライヤーの取扱い通貨

 ・取引所

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ

 

・販売所

ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナーコイン

 

まとめ

・仮想通貨取引所では、日本最大。

・不正アクセスでの補償は最大500万円。

 

 

コイン積立をしたいなら、Zaif(ザイフ)

 

ザイフの1番の特徴は、「Zaifコイン積立」です。毎月、設定した金額(1,000円〜)を自動で積立購入ができます。また、企業などが独自で発行した暗号通貨「トークン」などを取り扱っている。

手数料は、他者より安めに設定されいるようで、ネム、モナコインは特に安いようです。

 

ザイフの取扱い通貨

・取引所 

ビットコイン、NEM(ネム)、モナコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ

 

・販売所

ビットコイン、モナコイン

 

まとめ

・手数料が安め

・毎月1,000円〜コイン積立ができる 

・トークンの取り扱いがある

 

 

 

さて、どこにするか??

 

上記で紹介した他にも、仮想通貨を取引できる様々な会社がありましたが、最終的に講座を開設した会社は、コインチェックです。

決め手は、仮想通貨の種類とアプリの使いやすさでした!!

 

手続きも簡単で、あっという間に口座開設完了しました。

 

年末年始は、仮想通貨について少し勉強して参戦したいと思っています。

 

では、また〜

 

トミー

 

www.tabi-kaji.com

 

 

 

 

Sponsored link